「人も食も、いのちはすでに魅力的!」と考えているaiyueyoでは、らしさがあふれるごきげんな人生の実現を応援しています。人生の大きな割合を占めるのが仕事。そんな仕事を自分の強みや想いの宿った「ナリワイ」に変えている方々がいます。この連載では自分のナリワイを楽しむごきげんな大人たちを紹介していきます。

 今回は、ブランディングを中心に、デザインやSNS運用など多方面で活躍中の、2歳の子のママ、かよさんです。自分には誇れるものがないと感じていたかよさんですが、今では自分を満たしながらたくさんのナリワイに挑戦されています。今に至るまでのマインドの変化や、日々大切にされていることを伺いました。

わたしにも、魅力はすでにある

── ”すでにある魅力に感動して生きる”という肩書きで活動されている経緯をお聞きしたいです!

かよ:きっかけは、キャリアスクールでブランディングについて学んでいる時に“魅力はすでにある”という言葉に出会ったことです。この言葉すごく好きだな、持ち歩きたいなと思い、この肩書きを使っています。

 この言葉がわたしに響いたのは、わたしには「これができる!」と誇れるものがない、と不安に感じていたからかもしれません。人に対してはその人の良いところをたくさん言えるのに、自分に対しては厳しかったのかな。でも、わたしにも相手にも魅力はすでにあるということに気づくことができました。

“魅力はすでにある” という価値観が日常においても大切になった

── “すでにある”と言えば、SNSで”#あるもの見つけ”という発信をされておられるのが気になっています!

かよ:日常に“すでにある”ものや、周りから与えてもらっているものへの感謝の気持ちを言語化して投稿しています。朝起きると隣でニコニコ笑っている我が子がいる。それだけで幸せで、いてくれてありがとう、とか。わたしが少し前に背中を痛めていたこともあり、自分に対しても、いつも元気でいてくれてありがとう、とか。

 足りないものに目がいくと苦しくなってしまいますが、すでにあるものに目を向けることで、ここちよい気持ちになれると思うんです。

 そもそもハッシュタグを自分でつくるのは、おこがましいなと思ったりして、ためらっていました。でも、そういうのも全部自分の思い込みだなと思えるようになって。自分のために、始めてみました。

── 自分にもありがとうと思えるところがとても素敵ですね!

aiyueyoのイベントに、広島から子連れで参加したのもよい思い出なんだそう

気持ちを大切に、勇気を出してやってみた!

── 1年前のかよさんは、何かしたいけどどうしよう、という状態だったと記憶しています。今では、あれもこれもやってみる!とすごく楽しまれているようですね。大きな変化だと感じますが、これができたのはなぜでしょうか?

かよ:aiyueyoが、やりたい気持ちを大事に、未経験でも挑戦させてくれる場所だからだと思います。それと、わたしはブランディングをもっと仕事としてやってみたかったので、aiyueyoから「ブランドの助産師養成講座」の受講者募集があったときは、「きたー!」と、すぐ申し込みました。

 講座後、実際にブランドの助産師としてブランディングのお仕事にコミットさせていただき、”すでにある魅力”を伝わるような言葉やデザインで表現していくことができたとき、とても感動しましたし、のめり込んでお仕事するのがめちゃめちゃ楽しいなと。そこから、他のお仕事もしてみたくなって、バナーデザイン、SNS運用、ギフトの送り出しなどに挑戦しました。

ブランドの助産師として、さまざまなブランド方針を生み出しました

 子どものころは、理由もなくやりたいことをやっていたのに、歳を重ねるにつれ、これをやったらどう思われるかなとか、これは自分のキャリアに役立つだろうかとか、他の情報がいっぱいで、なかなか気持ちを優先して動けなかったりして。あれ?今、楽しい?と苦しくなってしまったりしますよね。なので、自分の好奇心が反応したものには向き合ってみて、大事にしたいと思ったら勇気を出して行動するようにしています。

 あと、余白は残すようにしています。何かやりたいと思ったときに、いっぱいいっぱいでできないのは悔しいので。

── ブランドの助産師としての経験をきっかけに、自分の気持ちに向き合っているからこそ、心が動くナリワイの世界が広がっていったのですね。今後は、さらに広げていかれるご予定ですか?

かよいろいろやってみて、ブランドの助産師がやっぱり好きで、メインにしたいナリワイだとわかりました。

 ここを深めつつ、そのときどきのわたしの好奇心センサーに反応したもののなかから、大事にしたいと感じるものをこれからもやっていくのだと思います!

aiyueyoが主催する5月25日の愛食フェスに出店します!

── 愛食フェスでは、まだ今日のお話に出てきていないナリワイをされるそうですね。

かよ:「ときめきを保存する出張写真屋さん」を出店します!愛食フェスは、普段オンライン中心に活動をしているaiyueyoメンバーが、リアルに集ってナリワイをお披露目する、年に一度の機会なんです。

昨年の愛食フェスでは畑のなかでパシャリ。みんないい笑顔です

 出店者さんたちそれぞれの想いのこもったお店は、ほんとうに魅力に溢れていて、最高の瞬間が多発する予感がしています。例えば、はじめてのお客さんが来てくれた瞬間、いい笑顔になると思うんですよね。準備の様子を含めて、そんなときめく瞬間を写真に残して、お祝いしたいです!

── かよさんのセンサーが働いた瞬間を撮ってもらえるのですね!たくさんの写真を撮ってもらえそうで、楽しみです。

かよ:今回は、aiyueyoメンバーからのご依頼限定で動くお店の予定です。実は当日は、写真屋さん以外にもワークショップのお手伝いをするし、いろんなお店のお客さんとしても楽しみたくて。

 愛食フェスには自分のやりたいことをかたちにしている人がたくさんいて、とっても刺激的なので、aiyueyoメンバー以外の方に地域のお祭りにいくような気軽な気持ちで遊びにきてほしいです!

 

 いかがだったでしょうか。みんなの魅力がすでにすごいの!!と笑顔で話す姿が印象的な、優しい気持ちに溢れたインタビューでした。5月25日は、すでにある魅力に目を向けて、ごきげんに自分を満たしながら、心から好きだと思えるナリワイを育むかよさんに会える日です。そして、かよさんがと~っても魅力的と太鼓判を押すaiyueyoメンバーが、らしさを生かした食や体験をご用意しています!

 ぜひ会場へ遊びに来てくださいね。

ライター/もく 編集/もりまゆ

INFORMATION

愛食フェス概要

愛食フェス概要

日時:2024年5月25日(土)11:00~17:00(雨天決行)
場所:BONUS TRACK(東京都世田谷区代田2丁目36-15)
内容:マルシェ
入場料:無料

想いの芽を育てよう ナエドコ想いの芽を育てよう ナエドコ