教えて、あなたの愛ゆえよ

自分のため、あるいは身近にいる大事な存在のため。その人が大切にしている“愛ゆえ”のことをお伺いしていく「教えて、あなたの『愛ゆえよ』」。
「愛ゆえよ」のコンセプトを貫くフードギフトカタログ「aiyueyo gift」をご愛用いただいている素敵なユーザーさん(愛イーター)にお話を伺います。世の中の常識や社会のレールに捉われずに行動する愛イーターのみなさんのストーリーを通じて、読者のみなさまにも自分や周りの人を大切にしていただけたら嬉しいです。

 今回お話をお聞きするのは、「愛あるつながりで愛あるつながりをつくる」をライフテーマに活動する安藤美玖さん。美玖さんが「aiueyo gift」を手に取ってくださったのは、「食」を切り口に愛を広げていくコンセプトに共感してくださったからだそう。

 現在、女性の自己実現のためのキャリアスクール「ICORE」や、自分と向き合い行動する手帳「Me手帳」を手がけている美玖さんに、自分を大切にする生き方について伺います。

他人から評価されない自分は、価値がないと思っていた

「良い大学に入れば親が喜んでくれる」「有名企業に就職すれば周りに認められる」自分の人生にもかかわらず、他人からの評価を気にしてさまざまな選択をしてきた方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介する美玖さんも、“他人軸”の選択をしてきたひとりでした。

美玖さん:振り返ってみると、わたしはずっと周りからの評価を気にして生きてきたんですよね。成績や実績など形があるものを積み上げて、世の中に認められることが重要だと思っていたんです。人の期待に応えるために、がむしゃらに頑張ってきたように思います。新卒で入社したのは地元愛知県の大手企業、株式会社デンソー。倍率120倍の狭き門でした。社会人として立派に働くことは、高校一年生の時に亡くなった父への恩返しになると思ったし、大手の会社で働くことで母にとって自慢の娘でいられると思っていました。

社会人として順調にキャリアを歩んでいた美玖さんですが、その後一度、大切なキャリアを諦めることになります。

美玖さん:25歳で結婚し、すぐに結婚相手のドイツ転勤が決まりました。本当は仕事を続けたかったのですが、諦めてドイツについていったんです。築いてきたキャリアを失ったことがショックで、海外生活も楽しめずにいましたね。それでも、なんとか自分で価値を生み出す人間でいたいと思い、さまざまな形で新しい仕事に挑戦しました。ドイツでは図書館にこもって100日間連続でブログを書いたり、Webデザイナーを1年半続けたり。帰国した後は再びデンソーで人事の仕事をしながら、ボディメイクのトレーナーとしてフィットネスの副業をしていました。

(キャリアの正解を目指して、模索しつづけてきた)

自分の価値を高めるために努力を重ねてきた美玖さんですが、ある葛藤が生まれます。

美玖さん:正直、努力してるのに心がすり減るばかりでした。大企業に勤め、副業でも実績を残し、結婚もして……。世間で言う“幸せの形”を得ているのに、一向に幸せである実感が持てなかったんです。

そして、29歳の時に心身ともに限界が訪れたのです。退職、離婚の末、上京を決意し、今まで積み上げてきたものをすべて手放すことに。

美玖さん:自分に価値がなくなったと感じましたし、ずっと見守ってくれていた母に申し訳なくて……。連絡するのも躊躇いましたが、泣きながら母に電話で謝りました。すると、母は「あなたがいてくれるだけでいいんだよ。生まれてきてくれてありがとう」という言葉をくれたんです。全然違う意味での涙が溢れましたね。今までは頑張らないと人から大切にしてもらえないし、幸せになれないと思っていたけれど、その言葉で幸せはすぐ近くにあるんだと気付くことができました。

「すべき」を手放した先に見えてきた世界

(物事を0か100かで捉え、全力で努力してきた。でも、このまま頑張っても幸せになれないと確信した)

それまで、立ち止まることなく走り続けてきた美玖さん。上京を機に初めて長いお休みを取りました。

美玖さん:上京して4ヶ月間は何もせず、ひたすら休んでいました。それまではずっと、休むことは怠けることだと思っていたので「こんなに休んでいいのかな……」と戸惑いもありました。でも、信頼する方に「とにかく休め。そのうち飛びたくなるから、飛びたくなったら飛べばいい」と言っていただいて、その言葉を信じて初めてゆっくりしました。すると、本当にある日「動きたい!」と思うタイミングが訪れたんです。

長い休息を経て、美玖さんは自分のやりたいことを見つめ直すようになりました。

美玖さん:考えてみると、わたしは今まで会社員や副業で色々な仕事をしてきたけれど、ほとんどは本当にやりたいことではなかったのかもしれないと気付きました。続けていたフィットネスの仕事も、お客さまはダイエットを目的とする方が多かったのですが、わたしは「女性の心と身体の健康を作りたい」と思っていました。自分が心からやりたいことは、同世代の女性が自分らしく生きられるように支援することなんだ、と。ライフステージの変化とキャリアにたくさん悩んで失敗してきた自分だからこそ、経験を活かして同じように悩む女性のキャリア形成のサポートをしたいと思ったんです。

(凛としながらも、人を包み込む温かい雰囲気を持つ美玖さん。思わず悩みを聞いてもらいたくなるような安心感があります)

そして美玖さんは2021年、女性向けのキャリアスクール「ICORE(イコア)」を、仲間と共に起業します。

美玖さん:ICOREは、女性たちが“本当にやりたいこと”を実現するためのスクールです。受講生たちには、自分自身に向き合って心からやりたいと思うことを見つけてもらい、実際に次の行動に移せるようにサポートしています。ICOREを運営し、たくさんの受講生と出会って気付いたのは、コミュニティの大切さ。何が彼女たちをこんなにも劇的に変えていくのだろうと思った時、応援し合える仲間の存在が大切なのだと感じました。

自分のやりたいことがわかっても、実際に一歩踏み出すためには大きなエネルギーが必要です。行動に移せないまま諦めてしまう人もいるでしょう。自分らしい人生を作るためには、ふたつのことが必要だと美玖さんは言います。

美玖さん:受講生たちを見ていると、人生に必要なのは「愛ある自立」と「愛あるつながり」だと実感しています。「愛ある自立」とは、世間体や常識を気にするのではなく、自分がしたいことを大切に生きること。でも実際、ひとりだと実現するのはなかなか難しいと感じます。心から応援し合ったり尊重し合ったりできる「愛あるつながり」があってこそ、自分らしい生き方を実践することができる。わたしは、この「愛ある自立」と「愛あるつながり」を広げていきたい。ICOREを通して、自分の進みたい方向が見えてきました。

自分を満たすことが、愛を広げることにつながる

最近は、美玖さん自身も上手に休みをとりながら、自分を大切にするようになったそう。

(みんながそれぞれ、自分の人生の主役として生きられる社会をつくりたい。新しいパートナーは、同じ夢を持って一緒に歩む仲間でもある)

美玖さん:ある時、母がふと「わたしは、自分の母からもらった無償の愛を、あなたたち娘に返しているだけな気がするんだよね」と漏らしたことがあります。この言葉を聞いて、それこそが愛を広げていく方法だと思いました。愛をもらっている実感がある人は、愛を広げていける。溢れるからシェアできるのだと。

世の中の「すべき」を優先して生きていると、自分に対して愛ある選択ができなくなる、と美玖さんは言います。そして、それは周りの人を尊重する心の余裕までなくしてしまうのです。

美玖さん:だから、まずは日々、自分を満たしていくことが大切なんです。自分の中で育まれた愛は人に渡しても減ることはなく、むしろ増幅していく感覚があります。溢れ出た愛を相手にシェアすることで、「愛のつながり」を循環させていきたいです。

(インタビューはここまで)

自分の本当にやりたいことは何だろう。美玖さんのお話を伺い、しばらくぼんやりと考えてしまいました。毎日「すべき」に追われている方は、自分のために少しお休みを取ってみるのもいいかもしれません。会いたい人に会い、行きたい場所に行き、好きなものを食べる。日々の小さな選択を愛を持って行うことを、わたしもこれから少しずつ実践していこうと思います。

INFORMATION

安藤美玖(あんどうみく)

安藤美玖(あんどうみく)

キャリアスクールICORE代表。パーソナルコーチとしても活動中。キャリアに悩む女性の自立をサポートしている。愛知県在住。現在は「昨日より今日のわたしが輝く手帳 Me手帳」の制作にも情熱を注いでいる。

キャリアスクールICORE https://icore-inc.jp/

美玖さんがご利用くださった「aiyueyo gift」は、14人の農家さんの愛が詰まったフードカタログギフトです。それぞれの農家さんたちの想いや商品にまつわるストーリーをお届けします。ご利用いただいた感想をお伺いしました。

「カタログを読みながら、とてもワクワクしました。生産者さんの顔が見える農産物はたまに見かけるけど、生産者さんの想いを知ることができる商品はなかったなって。今の夫と一緒にカタログを見ながら「素敵な人が作っているんだ」「こんな想いが込められているんだね」と話しながら商品を決めることができて、選ぶ時間も尊かったです。商品に込められた想いを基準に買い物ができるって、とても豊かな行為ですね」

農家さんの想いも一緒に届けられるフードカタログギフト「aiyueyo gift」。大切な方や自分自身への贈り物に、ぜひご利用ください。

ライター/やまくぼ  編集/ウィルソン麻菜  撮影者/なんしゅ

フードギフトに、愛をこめて aiyueyo giftフードギフトに、愛をこめて aiyueyo gift