ハタケとことば

無肥料・無農薬、土がもつ自然由来の力や植物の力で野菜を栽培すること。

有機栽培のように公的機関の認証や、農林水産省などの基準は定められていませんが、自然環境に合わせて基本的に無施肥(無肥料)で野菜を栽培します。土や植物に対する負担が少なく、持続可能な農業と呼ばれることもあります。

肥料などの資材費を削減できるのも魅力のひとつである一方で、虫や雑草の除去作業の手間が掛かることや、発育速度や収穫量が不安定であることもあります。除草や耕起、虫の除去などの極力人の手を加えないで栽培するなど、農園によってさまざまな方法が取られています。

ハタケトでは、女性1人で新規就農をした田島友里子さん、仕事を退職し、故郷の青森県で農業をされている森山農園の森山知也さんなどにお話しを伺い、自然栽培の魅力や働き方を聞かせていただきました。自然と共にたくましく成長する農作物の姿は、人の心も満たしてくれますね。

(自然栽培のお野菜は、形やサイズに個性があることも)

(文:脇坂麻友美)